ビタミンB2効果 しじみ習慣

ビタミンB2の効果

【ビタミンB2の効果】 目 次

ビタミンB群について

 

ビタミンBは全部で8種類!みんな仲良し♪

ビタミンB しじみ

ビタミンB2を説明する前に、ビタミンB全体について簡単に説明しますね。というのも、、、ビタミンBはそれぞれが単独で働くというよりも、お互いにサポートし合いながら活動しているからなのです。

 

ビタミンBに分類される栄養素は全部で8種類あって、まとめてビタミンB群とよばれています。

 

中にはナイアシンとか葉酸とか「B」が付いていないものもあります。それでもビタミンBとされている理由は、水に溶けやすい性質と、栄養素がエネルギーに変換されることをサポートする能力があるビタミンだからです。

 

ビタミンB1 糖質の代謝をサポート。皮膚や粘膜を健康に保つ。脚気はB1不足が原因。 豚ヒレ肉 豚もも肉 焼たらこ 乾燥あおのり

 

ビタミンB2

糖質・タンパク質・脂質の代謝をサポート。
皮膚や粘膜を健康に保つ。
B2入りのドリンク剤を飲むとおしっこが真っ黄色に!

豚レバー 牛レバー 鶏レバー 
焼きのり 乾燥あおのり

 

ナイアシン

糖質・タンパク質・脂質の代謝をサポート。
皮膚や粘膜を健康に保つ。

生たらこ かつおぶし まぐろ めんたいこ

 

パントテン酸

糖質・タンパク質・脂質の代謝をサポート。
皮膚や粘膜を健康に保つ。

鶏レバー 牛レバー 豚レバー 
干ししいたけ 卵黄

 

ビタミンB6

タンパク質の分解と合成をサポート。
皮膚炎の予防。

とうがらし にんにく ピスタチオ 酒粕 
牛レバー

ビオチン

炭水化物の代謝をサポート。
血糖値を下げる。

鶏レバー 
バターピーナッツ 卵黄 青海苔 からし(粉)

葉酸

DNA・赤血球の合成、胎児の成長をサポート。
ビタミンB12と協働でして血液をつくる。
心筋梗塞や脳卒中の予防。

鶏レバー 牛レバー 豚レバー
枝豆 モロヘイヤ ほうれん草 焼き海苔

 

ビタミンB12

葉酸と協働してヘモグロビン生成をサポート。
貧血予防。

しじみ 牛レバー 海苔

 

 

 

ビタミンBはどれも水に溶けやすい!ということをぜひ覚えておいて下さいね。後で説明しますが、ビタミンBを効率よく摂ろうとすれば、お料理の際にこの性質はとっても大切なポイントになりますので♪

 

 

ビタミンB2の効果

 

脂質の代謝にビタミンB2は欠かせない!

しじみ習慣

ここでやっと本題のビタミンB2が登場!

 

ビタミンB2はダイエットに関心のある方なら一度は聞いたことがあるかもしれませんよね。別名リボフラビンともよばれて、三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)を分解してエネルギーに変換!というダイエットにはとても大切な役割があるビタミンです。

 

とにかく、カラダに溜め込んでしまった余分なモノをどんどん変換してくれるので、ダイエット関連のお話にはよく名前が登場するわけです。

 

ビタミンB ダイエット

ということで、ビタミンB2はダイエット関連の栄養素!とばかり考えている方も多いようですが、実はお肌の新陳代謝を活性化し健康なお肌に作り変えたり、口内炎やニキビ予防といった女性にはとっても嬉しい様々な働きもあります。

 

口内炎の飲み薬として有名なチョコラBBにも、ビタミンB2(ビタミンB2リン酸エステル)がしっかり配合されていますよ♪

 

 

 ダイエットをサポート

ビタミンB2 効果

ビタミンB2は三大栄養素である炭水化物・脂質・タンパク質を代謝してエネルギーに作り変える際に大切な役割があります。

 

「太る」とは過剰なエネルギーが脂肪細胞(ぜい肉)に溜め込まれることなので、これをどんどんエネルギーに作り変えればダイエットはスムーズに行えることになります。

 

 ニキビ・吹き出物の予防・改善

ニキビや吹き出物のようなお肌トラブルは、過剰な皮脂分泌が原因ですよね。ビタミンB2は皮脂の分泌量を調節し、さらに速やかに分解してくれるので、特にオイリー系のお肌を改善する効果がありますよ。

 

またビタミンB2はビタミンCと同じように抗酸化力にも優れていますので、アンチエイジング(お肌の老化防止)にも効果が期待できます。

 

 口内炎・口角炎の予防・改善

ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあります。舌、歯ぐき、頬の内側といった粘膜の炎症である口内炎や、唇の両脇が炎症を起こす口角炎を予防し改善する効果があります。

 

 がんや生活習慣病の予防

がんは粘膜にできます。粘膜の修復がうまく行えずに異常な増殖をはじめるのが「がん細胞」です。ビタミンB2は粘膜の修復をスムーズにしますので、がんの予防に効果的です。特に大腸がんに対して有効であるとの報告もありますよ。

 

 

飲酒とストレスで大量消費!

ビタミンB群 効果

このようにダイエットにも美容にも欠かせないビタミンB2ですが、お酒を飲んだりストレスを感じたりすると、一気に大量消費されてしまうことをご存知ですか?

 

飲酒もストレスもカラダにとっては非常事態なので、これを解消するために大量のエネルギーが必要です。その際、ビタミンB2は絶対に欠かせない存在なので、どんどん消費されてしまいます。。。

 

なので、心当たりのある方は、意識してビタミンB2を摂って下さいね。

 

 

ビタミンB2が不足すると?

 

ビタミンB2はダイエットにかぎらず毎日の健康維持に欠かせない大切な栄養素!ということはご理解いただけましたよね。では、これが慢性的に不足するとどのような症状が現れるの?気になりますよね。。。 

 

 皮膚・粘膜の異常

ビタミンB2が不足したまま放置すると全身の新しい細胞ができにくくなりますので、すぐにニキビや吹き出物といった肌荒れや口内炎・口角炎として症状が現れます。

 

不足状態がいつまでも続くと、口内炎や口角炎がなかなか治らずに慢性化したり、皮膚がギトギトと脂っぽくなり炎症を起こす脂漏性皮膚炎などが出現します。

 

 

 眼のトラブル

ビタミンB2は、眼精疲労の改善、ピントの調節機能、瞳孔の光量調節なども行いますので、慢性的な疲れ目や物が見えにくいといった症状が現れます。

 

目の内部を覆っている粘膜の修復も疎かになりますので、充血がなかなか治まりません。白内障の発症とビタミンB2不足も大いに関係がありますよ。

 

 

 慢性的な疲労感

ビタミンB2不足 疲労感

ビタミンB2が不足気味になると、せっかく取り込んだ栄養をスムーズにエネルギーに変換できなくなりますので、疲れやすい体質になってしまいます。

 

慢性疲労ではビタミンB2以外の栄養素も不足しているケースがほとんどなので、タンパク質を中心にビタミンB12やビタミンEそしてビタミンCの摂取を心がけましょう。 

 

現在、各社から販売されているしじみのサプリメントには、疲労回復には絶対に欠かせないこれらの栄養素が豊富に含まれています。

 

詳しくはこちらの記事を参照して下さいね。 しじみ習慣しじみ習慣」 

 

 

 お子さんの口角炎・口内炎と成長障害

ビタミンB2 成長障害

見た目にも痛々しい口角炎や、食欲が一気に衰える口内炎がいつも出来てしまうお子さんは、ビタミンB2不足が原因の可能性も考えられます。

 

ビタミンB2は別名「発育のビタミン」ともよばれ、細胞が新しく生まれたり再生する際に欠かせない栄養素です。ビタミンB2の不足により各栄養の代謝がスムーズに行えず、成長障害や慢性的な消化不良に陥ることがあります。

 

口内炎や口角炎は、お子さんのビタミンB2不足のシグナル!

 

単純にビタミンB2不足なのか、または偏食によってB2の働きをサポートする他の栄養素不足が原因なのか、正確には医療機関で判断してもらうしかありません。

 

まだ病院に行くまでもないという状態でしたら、お子さんに不足しがちな栄養素をまとめて効率よく摂取できる各種サプリメントを利用して、しばらく様子を見るというのも良いかもしれません。

 

 

※口角炎・口内炎の原因は、他にも抗生物質の常用、糖尿病、肝臓のトラブルなども考えられます。

 

 

お酒好きがビタミンBを上手に摂るには?

Bは身体に蓄えておくことが出来ません

ビタミンB群 しじみ習慣

エネルギーを作り出すのに欠かせない大切な栄養素なのですが、実は体の中に蓄えておくことができません。。。 なので、特に頭脳も肉体も精神もハードワークされている方は、毎日欠かさず摂取したいビタミンなのです。

 

サラリーマンの方はもちろん、家事や育児に大忙しのママさん、それから受験生やスポーツマンといった皆さんも毎日大量のエネルギーを消費しているので、ビタミンBは意識して摂ってくださいね。

 

 

お酒好きはしじみでビタミンB

ビタミンB 料理

ビタミンBが豊富に含まれている食材と言ったら、レバーやマグロやしじみが有名ですよね。中でもしじみはお酒好きの肝臓をケアする良質なタンパク質やタウリンやオルニチンもタップリ含まれているので、ぜひオススメしたい食材の一つです。

 

お酒好きに提案したいビタミンBの摂り方No1は、ズバリおつまみの利用です。しじみの紹興酒蒸し、レバ刺し、ニラレバ炒め、焼き鳥のレバー、マグロの刺身、明太子、ピスタチオなど、ビタミンBが豊富に含まれたおつまみを意識して注文してくださいね。

 

もちろん締めはラーメンじゃなくて、しじみの味噌汁!

 

普段のお料理でしじみを取り入れたいということでしたら、煮汁も一緒に摂ってくださいね。水に溶けやすい水溶性ビタミンすべてに共通することですが、煮汁の中にこそ大量のビタミンBが含まれていますので♪ 
※参考:クックパッド しじみ料理

 

おつまみぐらいは好きな物をみんなで自由に注文したいし、毎日の料理でしじみを登場させるのも面倒、ということでしたら、いま各社からしじみのサプリメントが販売されていますので、参考までにいくつかご紹介しておきますね。

 

しじみ習慣 レバリズム 協和発酵オルニチン

 

ビタミンB2 サプリメント

 

定期購入 \3582

 

台湾産黄金しじみ使用。しじみ関連サプリメント売上No1
※(株)総合企画センター大阪調べ(2013年1月〜2013年12月)

 

しじみ習慣 公式サイト >>

 

ビタミンB おすすめサプリ

 

今だけ初回限定 \980
通常購入 \5980

 

国産しじみ、国産牡蠣エキス使用。最近テレビ番組で取り上げられ一躍有名に。

 

 

レバリズム 公式サイト >>

 

しじみ サプリ

 

今だけ180粒(1ヶ月分)¥1000

 

吉幾三さんでお馴染み。しじみの殻を焼成してできるカルサイト配合。

 

しじみん 公式サイト >>

 

 

 

 

ビタミンB2を摂り過ぎると?

 

ビタミンB2 しじみ

他のビタミンでは過剰摂取による健康障害が出ることもありますが、ビタミンB2にはそのような報告はなく安全性の高いビタミンといえます。

 

過剰に摂取したとしても数時間以内に全て尿中に排泄されます。

 

ビタミンB2に限らず水溶性の栄養素は体内で使われなかった分は、尿と一緒に100%排泄されますので安心して下さいね。

 

ビタミンB2そのものは黄色なので、尿が黄色っぽく見えるのはビタミンB2がたくさん排泄されているから?と勘違いされますが、尿の黄色の主成分は赤血球が代謝されたビリルビン(ウロクロム)です。栄養ドリンクを飲んだ後に出る濃い黄色の尿は、たぶんB2ですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しじみ習慣 しじみ ビタミンE 効果しじみ ビタミンB2しじみ なぜ身体に良いのか しじみ習慣

 

 

当サイト『GOT・GPTの数値を下げるには?「しじみ習慣」をお勧めします』を訪問いただきありがとうございましす。このページはしじみ習慣に含まれている栄養素であるビタミンB2について解説しております。皆様の健康維持のお役に立てれば幸いです。