しじみはなぜ身体に良いの?

しじみはなぜ身体に良いの?

結局、しじみは身体にどう良いの?

 

肝腎要!

しじみ習慣

肝腎要(かんじんかなめ)って聞いたことがありますよね。何かとても大切なポイントを表現したい時に使う言葉です。肝とは肝臓のこと、腎は腎臓のことで、腎は心臓の心と置き換えても意味は同じです。

 

肝臓や腎臓/心臓は、とても大切な臓器であることが昔から分かっていたわけですね。

 

肝心要の最初のをケアする有名な食材としては、やはり今も昔もしじみ。ここでは、いま科学的にハッキリとわかっているしじみの効果について、簡単に説明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

お酒を飲めば胃や腸からアルコールが吸収され肝臓に送られます。アルコールはカラダにとって毒ですから、無毒になるようにただちに分解されます。解毒は肝臓の本職ですがかなりの重労働で、作業を通じて肝臓の細胞は損傷を受けてしまいます。

 

この時、必須アミノ酸が全部そろっていると傷んだ肝臓の細胞を修復するのに必要なタンパク質がどんどん提供されるので、修復はスピーディーになります。

 

ここでのポイントは、必須アミノ酸がすべてそろっていること。どれか一つでも十分にそろっていないと、修復は遅れ気味になってしまいます。しじみにはこの必須アミノ酸がすべてそろっていて、さらにバランスよく含まれています。

 

しじみ アミノ酸

 

 

 

 

タウリン

アルコールはアルコール分解酵素によってアセトアルデヒドになります。アセトアルデヒドはアルコールの5倍から10倍も毒性が強いのですが、これもアセトアルデヒド分解酵素によって無毒な酢酸になります。これらの分解酵素の働きを促進させるのがタウリンで、さらに弱った肝臓の細胞が再生されることも強力にサポートします。

 

しじみ 酒

ちなみに二日酔いの不快な症状は、処理しきれなかったアセトアルデヒドがカラダ中をめぐることによって引き起こされます。

 

タウリンはカラダの中で合成されるアミノ酸(含硫アミノ酸)とされていますよね。ただしタウリンを作るにはカラダの中で合成できないメチオニンという必須アミノ酸が必要になりますが、しじみにはもちろんこのメチオニンもちゃんと含まれていますよ。

 

 

オルニチン

しじみ 肝臓 二日酔い

二日酔いの不快な症状を引き起こすアセトアルデヒドですが、この分解に活躍してくれるのがオルニチンです。

 

オルニチンは肝臓でアンモニアを解毒する際にも活躍します。アンモニアはカラダの中で毎日産生されるもので、これがスムーズに解毒されないと疲労感がいつまでも抜けず、また新しいエネルギーもスムーズに作り出すことが出来ません。

 

最近、疲労回復にタウリンと並んでオルニチンが注目されている理由もここにあります。女性誌では美肌に効果あり!というこで特集なんかも組まれていますよ。

 

詳しくはコチラを参照して下さいね しじみ 美肌しじみのオルニチンで美肌効果 >>

 

 

 

株式会社自然食研は肝臓の重要な機能の1つであるコレステロール代謝に注目して実験を行った結果、しじみから抽出された成分が高コレステロール血症ラットのコレステロール代謝を明らかに改善することが分かりました。

 

しじみ 効果 心筋梗塞

高コレステロール血症(高脂血症)とは血液中のコレステロール量が高い状態を指します。この状態が長く続くと、動脈の内側の壁にコレステロールが少しずつ付着し、血管の中が徐々に狭くなっていきます。その結果起こる疾患の代表が狭心症や心筋梗塞です。

 

高コレステロール血症は生活習慣全般が原因とされていますが基本的には体質で、残念ながら現代医学(西洋医学)では体質を変えることはできません。基本的には食事療法、 運動療法、薬物療法によって血液中のコレステロール値をコントロールするしかないようです。食事療法におけるしじみの役割が今後ますます注目されそうですね。

 

 

 

生活習慣病の代名詞的な存在の一つになっているのが脂肪肝ですよね。脂肪肝の主な原因は「アルコール」「肥満」「糖尿病」で、この内「アルコール」と「肥満」が全体の原因の約70%を占めています。

 

脂肪肝は肝臓に中性脂肪が過度に貯留してしまっている異常な状態で、肝臓に機能低下を起こさせます。脂肪肝自体は特にこれといった自覚症状はありませんので、健康診断などで指摘されて初めて気付く方がほとんどです。

 

脂肪肝 治す

脂肪肝は無症状なのでそのまま放置されることが多いのですが、何もケアせずに病状が進行すれば、高血圧糖尿病動脈硬化高脂血症といった生活習慣病を引き起こす可能性がとても高いのです。また、肝炎肝硬変さらには肝臓がんに至る可能性だってありますよ。

 

脂肪の排出と言ったらやはりタウリンです。タウリンは肝臓に溜まった中性脂肪をどんどん排出させる効果があります。詳しくはコチラを参照して下さいね しじみ 中性脂肪 脂肪肝の症状と治療

 

 

 

 

しじみのサプリメントを愛用されている方の口コミでよく目にするのが、睡眠の質の改善効果です。

しじみ 熟睡

 

「睡眠が深くなったような気がする」
「熟睡できるようになった」
「日中、突然やってくる強烈な眠気が治まった」
「寝起きが良くなった」

 

富山大学の池田准教授、九州大学の島添准教授との共同研究でラットに対してしじみから抽出されたエキスを投与したところ、ラットの睡眠量の増加や睡眠の質の向上に優位に作用していることが分かりました。記憶などの脳機能の維持に特に重要とされている「レム睡眠」の時間が増加したようです。

 

これまでは肝機能の改善効果(酒飲みの友)、といった側面で注目されてきたしじみですが、現代病の一つでもある「睡眠障害」の改善効果も科学的に確認されました。

 

 

以上の研究成果についてさらに詳しく知りたい方は、
株式会社自然食研『しじみ習慣』の公式サイトで確認して下さいね。 

 

しじみ習慣しじみ習慣 公式サイト